治療院名

CONTENTS 目次

■自然形体療法とは


■体をつなげるコース new!

■施術後の大切な話

■治療院の案内

■交通

■自己紹介

■治療風景

■初めて来院される方へ

■治療コンセプト

■院長プロフィール

■健康のために

■自分でできる疾病対策

■痛みはどこからくるの?

■院長より

■プライベート写真館

■健康コラム

■リンク


>>ホームへ戻る

症例日記

HPを見て、
初めて来院した
患者さんの喜びの声



ご予約・お問い合わせ
03−3654−0801




健康コラム


風邪のお話

風邪を根本的に治す方法は熱を出す(38度以上)ことが一番良い方法です

(当たり前のことですが風邪をこじらせるようなことをして熱を出すことはしないで下さい)

なぜなら熱を出すことによって白血球が増加し

身体に溜まっていた毒素を外に出すことが出来るからです

(ただ熱に弱い方や子供やお年寄りの方は肺炎などを引き起こす可能性があるので

39度以上になった場合は熱を下げる必要もあります)

ガンの場合は42.5度以上の熱を出すと改善される働きがあります

ガンになるようなときは、風邪を引いても高熱が出にくかったり

風邪を引きにくい身体になっている場合があります

下半身の筋肉が衰えていたり

脚の筋肉が緊張を起こしている人は風邪を引いても熱が出にくいです

熱が出ない人の改善方法は当院にて指導いたします

風邪とはそもそも日ごろ溜まった疲労や無茶をして出来たからだのひずみを

元のひずみのない身体に戻すために起きる身体の自然作用です

繰り返しですが、熱を出すことで身体のひずみがとれます

風邪を引くというからだの自然な浄化作用を薬で抑えることは

日ごろ溜めた疲労という負債の支払いをしないで、さらに借金をするようなものです

疲労を溜めた場合、筋肉に緊張が現れます

風邪を薬で抑えると筋肉の緊張がさらに増します


▲ページの頭へ

Copyright(C) 山田整体院.All Rights Reserved.